×

【東京新馬戦】ソバナ 素質が高い良血、斎藤誠師「しまいが切れるので東京向き」

[ 2021年11月12日 05:30 ]

 東京土曜6R(芝1600メートル)で良血ソバナ(牝=斎藤誠、父ドゥラメンテ)がデビュー。半姉は14年オークスを制し、16年には米G3レッドカーペットHを勝利したヌーヴォレコルトだ。最終追いは坂路をグングンと伸びて4F52秒5~1F12秒3。斎藤誠師は「厩舎の期待馬。素直でいい動きをしている。ゲートはそれほど速くないが、しまいが切れるので東京向き。姉(ヌーヴォレコルト)とは完成度が違うがポテンシャルはかなり高い」と楽しみにしていた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年11月12日のニュース