×

【金沢・JBCスプリント】戦い終えて

[ 2021年11月4日 05:30 ]

 ▼2着サンライズノヴァ(吉原)スタート後ぶつかったりで行き脚がつかず。外が伸びる馬場だけど、このクラスになると距離ロスが痛いので内を狙っていました。初コースでも戸惑うことなく伸び伸び走ってくれましたよ。

 ▼3着モズスーパーフレア(松若)いつも通りスタートが決まって自分の形で競馬ができました。初のコーナー4つでも息を入れて上手に走ってくれたけど若干、距離が長い。1200メートルがベストだと思います。

 ▼4着モジアナフレイバー(真島大)ゲートで落ち着きがあって、うまく出られた。厩舎がうまくつくってくれて、いい状態。小回りにも対応してくれた。

 ▼5着リュウノユキナ(柴田善)返し馬で1コーナーの影を見て飛んで、レースでも飛んだ。集中していなかったみたい。やっぱり距離は1200メートルがいい。1400メートルだと直線、伸びないからね。状態の良さでカバーできたんじゃないかな。

 ▼6着サブノジュニア(矢野)前走より進みが良くて久々にこの馬らしい競馬。いい脚で一瞬、勝てるんじゃないかと思った。

 ▼7着サクセスエナジー(松山)スタートを決めて自分の形で運べたけど、しまいは切れなかったです。

 ▼8着ベストマッチョ(森泰)初コースだと物見するけど思い描いた位置で運べた。重賞でもやれる。

 ▼10着アランバローズ(左海)テンションが高くてゲートの中で奇麗に立てなかった。もまれ弱さがあるし、展開がきつかった。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2021年11月4日のニュース