【セントライト記念】ソーヴァリアント抜け出すも2着、戸崎「押し切れると…」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

<セントライト記念>ゴール前でソーヴァリアント(左)を差し切って勝ったアサマノイタズラ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2着は好位5、6番手を追走した2番人気ソーヴァリアント。4角大外を抜群の手応えで回り、直線でいち早く抜け出したが、伏兵が後ろから飛んできた。

 戸崎は「1、2角でゴチャついてハミを取ったが、その後はリズム良く運べた。押し切れると思ったけど…」と正攻法での惜敗に悔しそう。大竹師は「もう少し遊びがあってもいいけどG1を戦ってきた馬たちとやり合えてホッとしている。期待通りの内容だった。次走はまた相談して考えたい」と話した。

続きを表示

「2021 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2021年9月21日のニュース