【ローズS】タガノパッション情熱駆け、ラスト1F12秒2 世代屈指の末脚発揮だ

[ 2021年9月16日 05:30 ]

<ローズS>岩田康を背にCWコースを単走で追い切るタガノパッション
Photo By 提供写真

 緩めることなく攻め抜いた。タガノパッションは岩田康が2週連続でCWコースでの追い切りに騎乗、単走でしまい重点の運び。ラストはしっかりと鞍上のアクションに応えて、6F82秒9~1F12秒2をマーク。体をいっぱいに使って駆け抜けた。動きを見届けた鮫島師が切りだす。

 「普段はおとなしいけど、すぐにスイッチが入るんですよ。そのあたりに気をつけて調整しています。先月19日に帰厩して、軽いところも入れると今回が9本目。中間はジョッキーに結構乗ってもらっているし、あとは任せるだけです」

 春はタフなローテーションで頑張った。3月にデビュー、わずか2カ月後にオークスの舞台に立った。その間、東京への長距離輸送が2回。その中でもきっちりと走り抜いた。ひと息入れてリフレッシュ。担当の金山助手はひと夏を越しての成長を感じ取る。

 「馬が大きくなって帰ってきました。背が高くなりましたし、少し幅が出ましたね。体重は少し増えて出せそう。カイ食いも悪くないですね。走ることに凄く真面目なんです」

 初戦が既走馬を相手に3着だった。敗れはしたが、上がり3F33秒0の非凡な末脚を発揮。「しまいは切れる脚があるなと思っていました」と素質を見いだしていた。4走して3走で上がり最速。世代屈指の末脚は、中京の長い直線でこそ生きる。情熱の真っ赤な薔薇(ばら)を胸に咲かせよう。一気の突き抜けで、堂々と本番へ向かう。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月16日のニュース