【ローズS】オークス組4頭出走予定、先週・紫苑Sは既成勢力が存在感示す

[ 2021年9月16日 05:30 ]

<ローズS>松山を背に坂路で追い切るアールドヴィーヴル (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 先週の紫苑Sは前走・オークス組のワンツー。オークス11着ファインルージュが勝ち、同9着スルーセブンシーズが2着に入った。3着ミスフィガロ以下、夏に結果を出した新興勢力に対して既成勢力が存在感を示した形だ。

 ローズSも毎年オークスから休み明けで参戦するメンバーが多く、コンスタントに馬券に絡んでいる。アールドヴィーヴルが勝てばオークス5着馬としては2年ぶり4勝目、タガノパッションが勝てば同4着馬としては2年連続5勝目。同14着クールキャット、同18着エンスージアズムを合わせた4頭が出走予定となっている。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月16日のニュース