ソダシ 函館入り 札幌記念へ調整、須貝師「盛り上がってくれたらいいね」

[ 2021年7月23日 05:30 ]

22日に函館競馬場に到着した今年の桜花賞馬ソダシと担当の今浪厩務員(右)
Photo By スポニチ

 今年の桜花賞を制した白毛の女王ソダシ(牝3=須貝)が22日、函館競馬場に入厩した。復帰戦の札幌記念(8月22日)に向けて調整が進められる。

 白毛のアイドルが昨夏新馬戦(芝1800メートル)でデビューVを飾った思い出の函館に帰ってきた。阪神JF、桜花賞でG1・2勝を積み上げて凱旋。オークス8着後はノーザンファーム空港(苫小牧市)で静養していた。担当の今浪厩務員とともに純白の馬体を誇示するように函館の馬房に収まった。今浪厩務員は「無事に帰ってきて、ホッとしています」と穏やかに切り出した。「牧場からの報告書は479キロ(オークス472キロ)。そんなに増えていないし、体形も変わっていないのでいいと思う」とリラックスした愛馬に目を細めた。須貝師は「馬はいいよ。洋芝で昨年も勝っている(新馬→札幌2歳S)し、適性があるのは分かっている。盛り上がってくれたらいいね」と思いを込めた。

 23日から馬場入り再開。来週から追い切りを始め、札幌記念当週の最終追いも函館で行い、札幌に移動予定。他にもラヴズオンリーユー、2年前の覇者ブラストワンピースなどが参戦予定。ソダシの参戦で、北海道最大の重賞は盛り上がりそうだ。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年7月23日のニュース