【東京新馬戦】評判馬アライバル完勝!ルメール「最後はいい瞬発力を見せてくれた。楽勝でした」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

 東京5R(芝1600メートル)は単勝1・8倍の圧倒的1番人気に支持された評判馬アライバル(牡=栗田、父ハービンジャー)が完勝した。道中は7番手付近を追走し、直線では外へ。姿勢の低い、安定感のあるフォームで残り100メートルで先頭に立ち、後続に2馬身半差をつけた。ルメールは「能力がありそう。最後はいい瞬発力を見せてくれた。楽勝でした。スタミナがありそうで、こういう馬場(やや重)はちょうどいい」と振り返った。姉は昨年のアルテミスSでソダシの2着だったククナ。期待の血統馬の快勝に栗田師は「良かった調教の通りでした。スローで折り合って最後にきちっとアクション。先々につながる競馬をしてくれた。距離は延びてもいいと騎手も話していた」と笑顔を見せた。今後は放牧に出る。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2021年6月20日のニュース