×

【札幌新馬戦】アーリーレッグ 好位2番手から悠々と抜けてV!横山武「まだまだこれから良くなる」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

新馬戦を勝ち引き上げる(7)アーリーレッグ(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 札幌6R(ダート1000メートル)は1番人気アーリーレッグ(牡=伊藤圭、父マジェスティックウォリアー)が好位2番手から悠々と抜け出し、ラストは迫るエムティゲランを半馬身しのいだ。横山武は「能力は高いけど子供っぽくて抜け出してから甘いところがあった。まだまだこれから良くなる」と今後の成長に期待。伊藤圭師は「ハナに行くかと思ったが、こういう競馬を経験できたのは良かった」と納得の表情だった。次走は未定。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年6月20日のニュース