【皐月賞】上昇アドマイヤハダル、ラスト2Fでグングン加速!新相棒・ルメールがV導く

[ 2021年4月15日 05:30 ]

坂路で追い切るアドマイヤハダル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 クラシック3冠の第1ラウンド「第81回皐月賞」の最終追い切りが14日、東西トレセンで行われ、4戦3勝で若葉Sを制したアドマイヤハダルは栗東坂路で鋭く伸びてラスト1F12秒1をマーク。先週の桜花賞で首差2着に惜敗したルメールとの新コンビで一発を狙う。

 トライアルを終えてからの上昇度では、この馬が一番かもしれない。若葉Sを圧勝して、皐月賞の出走権を手にしたアドマイヤハダル。先週のCWコースも良かったが、坂路最終追いが輪をかけて抜群だった。最初の1Fは15秒1のスロースタートだったが、徐々にペースアップ。ラスト2Fは手応えに余裕を残しつつ、12秒6→12秒1の加速ラップで締めた。大久保師は満足そうな笑みを浮かべる。

 「うちの厩舎は当週は目いっぱいにやらないが、それでもあの時計が出たからね。具合はいいですよ」

 若葉Sは4番手から楽々と抜け出し、3馬身差の楽勝。2歳時は切れるというよりもジワジワ伸びるイメージだったが、ここではメンバー最速タイとなる上がり3F33秒7をマーク。年を重ね、G13勝の伯母スイープトウショウをほうふつさせる切れ味が出てきたのか!?いずれにしても、トレーナーにとってはうれしい誤算だった。

 「前走は強い馬もいたので接戦になるかと思ったけど、あっさり突き抜けた。トモの厚みが以前とは違うし、長く脚を使うタイプかと思っていたが、瞬発力が出てきた。いい感じで成長していますね」

 1週前のCWコースで感触を確かめたルメールもレースを心待ちにしている。

 「前走はいい脚を使っていたね。先週の追い切りに乗った感じ、コンディションはいいと思うし、折り合いも問題なくて乗りやすい馬でした。重賞もG1も初めてだから、どんな競馬ができるか分からないけど、能力はありそうです」

 その口ぶりは決して自信満々ではないが、そんな時こそ怖いのがG1請負人のルメール。フェブラリーSをカフェファラオで制して以降、重賞でまさかの13連敗中だが、そろそろ存在感を示すシーンがありそうだ。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月15日のニュース