【中山GJ】オジュウチョウサン、スピード感満点 6連覇へ石神好感触「のびのびした走り」

[ 2021年4月15日 05:30 ]

追い切りを行うオジュウチョウサン(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 中山土曜メイン「第23回中山グランドジャンプ」(J・G1)で6連覇の偉業に挑むオジュウチョウサン(牡10=和田正)は主戦・石神を背に最終追い。Wコースで5F64秒5~1F12秒2(馬なり)をスピード感満点に駆け抜けた。

 石神は「時計が速かったのは内めの馬場のいいところを選んだのもある。掛かるところもなくて、スムーズに走れた。反応も良く、のびのびした走り」と好感触。休養前の京都ジャンプS3着でまさかの敗戦を喫したが、その後は充電して中山GJに備えた。あす16日朝に中山に移動し、日中に現地でスクーリングのいつも通りのルーティン。石神は「誰にも抜かれない記録はつくりたいし、頑張ります」と偉業を見据えた。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月15日のニュース