【皐月賞】上昇一途ヴィクティファルス 得意舞台中山でG1も制す

[ 2021年4月13日 05:30 ]

 3戦目でスプリングSを制したヴィクティファルス。上昇度は計り知れない。担当の平野助手は「使う前から中山はコース適性があるだろうと。雨が降ってもヨーロッパ血統なので大丈夫だと思っていました」と振り返る。

 続けて「あんな馬場でも思いのほかダメージがなかった。自分で体を作ってくれるんで、やりやすい。前走はまだ一枚余裕があったんで、今回の方が動けそうです」とレースを心待ちにする。池添学厩舎に待望のG1勝利を届けるか。 

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年4月13日のニュース