【皐月賞】ぶっつけ参戦レッドベルオーブ 2F距離延長も陣営「折り合いつけばこなせる」

[ 2021年4月13日 05:30 ]

 レッドベルオーブは1番人気に支持された朝日杯FS(3着)以来、約4カ月の休養明け。“ぶっつけ”での参戦となる。加地助手は「前走は掛かったので、今回は馬の後ろに付けて折り合いがつくようにやっています。今は力みもなく折り合いは心配してません」と前向きに話す。

 久々に加え2Fの距離延長も課題になるが、「折り合いがつけば2000メートルぐらいならこなしてくれるんじゃないか」と展望していた。 

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年4月13日のニュース