【皐月賞】シュヴァリエローズ 小柄も秘めた根性期待、乗り替わりも問題なし

[ 2021年4月13日 05:30 ]

 若葉S2着シュヴァリエローズは、440キロ台の小柄なディープインパクト産駒ながら勝負根性を秘めている。前走も勝ち馬には離されたが、2着争いを制した。

 久保助手は「最後は迫られたけど、よく権利を獲ってくれた。そんなに切れるタイプじゃないが、抜かせない気持ちを出してくれましたね」と回顧。今回は三浦と初コンビを組む。「癖のない馬ですし、乗りやすいから乗り替わりは気にならない。いい競馬をしてくれたら」と託した。

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年4月13日のニュース