【皐月賞】2歳王者ダノンザキッド逆襲へ好仕上がり 安田隆師「良馬場でできれば」

[ 2021年4月13日 05:30 ]

 2歳チャンプ・ダノンザキッドは1週前のCWでは併走で6F80秒5の好時計。ラスト1F11秒7を馬なりの手応えで刻む迫力満点の動きを見せた。安田隆師は「跳びが大きいのでスピード感は感じませんが、しっかりやれて、変わりなく順調に来ています。あとは良馬場で競馬ができれば」と話す。

 前走の弥生賞ディープインパクト記念は3着に敗れたが、「課題も見えた。使って良かった」と指揮官は前向きにとらえる。本番に向けて研ぎ澄まされた印象だ。 

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年4月13日のニュース