ルーキーV第1号は小沢大仁 阪神1R 「落ち着いてレースに臨もうと」

[ 2021年3月6日 11:11 ]

<阪神1R・3歳未勝利> メイショウホタルビで初騎乗初勝利を果たし写真に納まる小沢大仁騎手(左から4人目)。小沢騎手の右が師匠の松永昌調教師 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 6日、3場で新人ジョッキー8人がデビュー。ルーキーの中で初勝利を挙げたのが、阪神1Rでメイショウホタルビに騎乗した小沢大仁(だいと)騎手(18=松永昌)だった。見事、初騎乗で初V。同じレースでデビューした古川奈穂(20=矢作)は10着だった。

 
 レースは減量を生かして先行すると、4コーナーで先頭に並び掛け、そのまま粘ってゴールに飛び込んだ。小沢は「馬に助けてもらいましたね。乗る前は緊張しましたけど、またがって落ち着いてレースに臨もうと思いました。これからは馬を勝たせてあげられる騎手になりたいと思います」と笑顔で振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2021年3月6日のニュース