【チューリップ賞】傾向と対策

[ 2021年3月6日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆前走 阪神JFからの直行組が【8・3・6・10】と圧倒。これを含めチューリップ賞が年明け初戦だった馬が【8・6・7・21】。

 ☆関東馬が健闘 関東馬は18頭が出走し【4・3・1・10】、連対率39%の好成績。関西馬は【6・7・9・94】。

 ☆前走着順 1着【6・3・2・23】、2着【3・2・3・7】、3着【1・2・2・15】。前走大敗からの巻き返しは厳しい。

 結論 ◎メイケイエール ○タイニーロマンス ▲マリーナ

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2021年3月6日のニュース