JRA5年ぶり女性騎手デビュー 古川奈の初戦は10着

[ 2021年3月6日 10:39 ]

<阪神1R> 初騎乗を迎え笑顔を見せる古川奈騎手 (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 6日、阪神1Rで藤田菜七子以来、5年ぶりのJRA女性騎手となる古川奈穂(20=矢作)がデビューした。

 初戦は所属する矢作厩舎のラントとのコンビ。史上初となる★4キロ減での騎乗だったが、中団追走から伸びを欠き10着。ほろ苦いデビューとなった。勝ったのはメイショウホタルビに騎乗した同期・小沢大仁(だいと)だった。
 
 古川奈は「もうちょっと位置を取れるように動かしていければ、良かったです。道中もうながしながらで3コーナーで置いていかれました」と回顧。初騎乗を終えて「返し馬まで緊張しましたが、レースは落ち着いて乗れました。(同期の)小沢くんが勝ったので、勝たれて悔しいです」

 JRAの女性騎手は1996年の田村真来、細江純子、増沢(旧姓・牧原)由貴子から、これまで7人がデビューしており、最も早くJRA初勝利を挙げたのは西原玲奈(00年)の9戦目。藤田菜七子は16年4月10日の福島9R、通算51戦目で初Vを挙げた。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2021年3月6日のニュース