【ジャパンC】戦い終えて

[ 2020年11月30日 05:30 ]

 ▼6着ワールドプレミア(武豊)思い通りのレースができた。イレ込みは相変わらずだったが、最後まで頑張ってくれた。

 ▼7着ミッキースワロー(戸崎)凄くレース前の雰囲気は良かった。右回りの方がいいかもしれない。

 ▼9着マカヒキ(三浦)内の狭いところを狙うのも作戦の一つ。ペースが速くて抱えるところがなかったけど、直線を迎えてもいい手応えだった。

 ▼10着ウェイトゥパリス(M・デムーロ)ゲートがひどかった。最初は落ち着いていたけど、メンコを嫌がってテンションが上がった。

 ▼11着パフォーマプロミス(岩田望)後ろからになったが最後までしっかり走ってくれた。一線級ともまだまだやれる感じはあった。

 ▼12着ユーキャンスマイル(岩田康)走り切っていない。はじける感じがなかった。

 ▼13着クレッシェンドラヴ(内田)先団の後ろでうまく折り合って収穫のある競馬だった。左回りは大丈夫だった。

 ▼14着トーラスジェミニ(田辺)逃げなくても勝っているし、あの位置でもリズム良く運べた。最後は距離の分苦しくなった。

 ▼15着ヨシオ(勝浦)久々の芝でも行き脚がついたし、いい感触だった。相手が相手なだけであって芝が駄目ではなかった。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月30日のニュース