【ジャパンC】デアリングタクト3着 6戦目にして初黒星も松山期待「まだまだこれから」

[ 2020年11月30日 05:30 ]

<ジャパンカップ>3着に敗れた松山騎乗のデアリングタクト(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 デアリングタクトはデビュー6戦目にして初めての敗北だった。それでも、眼前で伝説となった9冠馬に0秒2差の3着。同期の3冠牡馬コントレイルには首差及ばなかったが、3冠牝馬の実力はしっかりと証明した。最大限の力を発揮した上での敗戦。だからこそ、松山は「強い相手と戦っても引けを取らない競馬で頑張ってくれました」と素直に愛馬を称えた。

 道中は折り合い、中団で待機。直線では前にいたアーモンドアイ、グローリーヴェイズなどを追いかけて、猛加速。ゴール前は2~5着馬の4頭が横一線の接戦になったが、3着に食い込む勝負根性を見せ、“3冠馬決着”のラストピースになった。「今日に関してはデアリングタクトより速い馬が2頭、前にいたということ。負けたことに関してはそこまでの悔しさはない」と杉山晴師。「ただ内にモタれながらになったのが悔しい。次に向けて修正したい」と課題も口にした。これまでよりレベルの高い超一線級相手のレースで、直線では苦しがって内にモタれながら伸びた。敗戦によって、さらなる成長の余地が見つかった。次走については、年内使うかどうかも含め未定だ。

 まだ3歳で、これが完成形ではない。松山も「まだまだこれからの馬なので、成長してほしい」とさらなる進化に期待を寄せる。もっともっと強くなる。この敗北は新たな伝説の序章にすぎない。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月30日のニュース