【ジャパンC】「キセキの大逃げ」トレンド入り ラスト力尽き8着も歴史的一戦“盛り上げた”

[ 2020年11月30日 05:30 ]

<ジャパンカップ>4コーナーを抜けた浜中騎乗のキセキ(右端)は大逃げを打つも8着
Photo By 提供写真

 レース後、ツイッターでトレンド入りした「キセキの大逃げ」。6番人気のキセキが、5F57秒9と限界に近いペースでレースを引っ張った。さすがに最後はバテて8着に沈んだが、歴史的一戦をピリッと締めた。浜中は「1コーナーから掛かってしまった。平均で行きたかったけど、馬の機嫌を損ねないように。馬の状態は凄く良かった」と話していた。 レース結果

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月30日のニュース