アーモンドアイ 激闘から一夜、厩舎の馬房で静養 根岸助手「感謝しかない」

[ 2020年11月30日 08:31 ]

ジャパンCの激闘Vから一夜明け、国枝厩舎の馬房で静養するアーモンドアイ。担当の根岸真彦助手から干し草を与えられリラックス
Photo By スポニチ

 史上初となる3冠馬3頭の直接対決となった29日のG1ジャパンCを制したアーモンドアイ(牝5=国枝)は、激闘から一夜明けた30日朝、国枝厩舎の馬房で静養した。

 レース当日は東京競馬場から午後7時20分に美浦トレセンに到着。担当の根岸助手は「疲れはあると思いますが、カイバもちゃんと食べてくれたし元気です」と安堵(あんど)の表情。改めてレースを振り返り「スタートがスタンド前なので、レースはターフビジョンで見ていました。直線で残り400メートルで抜け出す脚が速かった。他馬の脚色も良かったが、残り100メートルで勝ったと思いました。最後までしっかり頑張ってくれたし、ルメールさんも本当にうまくエスコートしてくれた」と話した。

 ラストランで芝G1・9勝目。有終の美を飾った愛馬に、根岸助手は「まずはお疲れさまですね。あとは感謝しかない。大きなケガもなく、G1で結果を残してくれたので」と声をかけた。今後はいったん福島県のノーザンファーム天栄に放牧に出され、12月19日に決まった中山での引退式に備える。その後、生まれ故郷のノーザンファーム(北海道安平町)に戻り、繁殖入りする予定。初年度の交配相手は同じく14年ジャパンCを勝ったエピファネイアが有力。根岸助手は「最初の子が国枝厩舎に入るなら、ぜひ担当してみたい」と、早ければ22年に誕生する2世に思いをはせていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月30日のニュース