【ジャパンC】アーモンドアイ 初交配相手はエピファ有力!ノーザンF・吉田代表が明かす

[ 2020年11月30日 05:30 ]

<ジャパンカップ>G1を9勝したアーモンドアイ。鞍上のルメールはウイニングランでバンザイする(撮影・郡司 修) 
Photo By スポニチ

 今後、繁殖入りするアーモンドアイの初交配相手は「エピファネイアになる可能性が高い」と、ノーザンファームの吉田勝己代表が明かした。エピファネイアは13年菊花賞、14年ジャパンCを勝利。初年度産駒に今年の3冠牝馬デアリングタクトがいる勢いのある種牡馬だ。早ければ初子は24年にデビュー。現在65歳の国枝師が、70歳の定年引退までにギリギリ間に合うことになる。 レース結果

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月30日のニュース