【大井・東京盃】菜七子キッキング連覇ならず…直線届かず3着「凄く悔しい」

[ 2020年10月8日 05:30 ]

<大井・東京盃>ゴール前の猛ダッシュで3着に入った藤田菜七子騎乗のコパノキッキング(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中央交流重賞「第54回東京盃」(G2)が7日、大井競馬場で行われた。このレース連覇が懸かった藤田菜七子(23)騎乗の3番人気コパノキッキングは直線で鋭い末脚を見せたが3着に敗れた。

 菜七子とコパノキッキングは最後にレースを沸かせた。直線で馬場の中央をグングンと加速。前2頭との差を一気に詰めていった。最後は前残りの馬場もあって3着止まりだったが、昨年の優勝コンビの意地は見せた。菜七子は「テンションが高く、ゲートの中で動いてしまい、それで気持ち(体が)上に上がってしまった。それがもったいなかった。凄く悔しいです」と出遅れ気味のスタートを悔やんだ。

 それでも本番は次走のJBCスプリント(11月3日、大井)だ。コンビ継続が決まっている菜七子。「今日はためた分、伸びてくれた。次も同じ舞台ですし、いいイメージを持って臨めると思います」とリベンジに燃えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月8日のニュース