【京成杯オータムH】ストーミーシー、中1週でも出来落ちなし 陣営「へこたれないで問題なくきている」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

 ストーミーシーは昨年(6着)同様、朱鷺Sからの参戦。前走は頭差2着の惜敗。相田助手は「勝てなかったけど、58キロを背負って面目は保ってくれた」と評価する。「暑い時季で輸送が続くが、へこたれないで問題なくきている」と中1週でも出来落ちなし。既にリステッド2勝の実績馬だが、重賞では3戦連続7着に甘んじている。悲願のタイトルは57キロのトップハンデ克服に懸かっている。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月9日のニュース