【紫苑S】ウインマイティー、自在性を生かす 五十嵐師「久々でも楽しみ」

[ 2020年9月9日 05:30 ]

 オークス3着馬ウインマイティーが始動する。1週前追いは和田竜を背にCWコースでいっぱいに追われ、タガノエスプレッソ(8歳障害オープン)に5馬身先着した。五十嵐師は「動きは良かった。休養を挟んで体が大きくなっているし、成長を感じている」と報告。中山は3走前のデイジー賞でV経験あり。「自在性があるし、どこのコースにも対応できる馬。久々でも楽しみ」と意気込んだ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月9日のニュース