タワーオブロンドン、蹄の不安で調整が遅れてスプリンターズS回避 

[ 2020年9月9日 05:30 ]

2019年のスプリンターズSを制したタワーオブロンドン(左)。(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 タワーオブロンドン(牡5=藤沢和)は連覇の懸かるスプリンターズS(10月4日、中山)を回避する見通しとなった。5月の京王杯SC(8着)後、ミッドウェイファーム(茨城県)で放牧されているが、蹄の不安で調整が遅れているため。藤沢和師は「最近になってようやく乗り出したところ。スプリンターズSには間に合わないだろう」と語った。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月9日のニュース