【セントウルS】ビアンフェ、初の古馬対決でも陣営状態に自信

[ 2020年9月9日 05:30 ]

 唯一の3歳馬ビアンフェが初の古馬との対決に挑む。前走の葵Sは先手主張から逃げ切り、2度目の重賞制覇を飾った。約3カ月半ぶりの実戦になるが、入厩後は坂路で豊富な乗り込み量。伊藤助手は「放牧を挟んで馬体に幅が出てきた。間隔は空いたけど、状態はいいですよ」と感触を口にした。先行有利な開幕週で、重量54キロも大きな強み。「ここでもスピードは通用する。古馬相手でも楽しみです」と期待を膨らませた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月9日のニュース