【アレキサンドライトS】ミスターX まだ底を見せていないフィードバック本命!

[ 2020年1月25日 05:30 ]

 4歳上3勝クラスのアレキサンドライトS(中山11R)は昇級初戦のブラックタイド産駒フィードバックを本命に指名する。3歳2月にデビューし、ここまで5戦3勝。前走は先行策から鮮やかに抜け出して3馬身差の完勝。2着馬カナシバリが次走を勝っており、価値のある勝利だった。

 鈴木伸師は「しまいの脚は堅実で、前走の時計も優秀だった。このクラスでも力は見せられる」と話す。最終追い切りには横山典が騎乗。素軽い動きを見せていた。「放牧を挟んでここを目標に乗り込んできた。状態はいい」と指揮官。ライバルは強力だが、フィードバックもまだまだ底を見せていない。1着固定で狙う。(2)から(4)(6)(12)(14)(16)。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月25日のニュース