【東海S】アングライフェン、伸びた12秒2 安田隆師「いい状態で出走できそう」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

坂路を駆け上がるアングライフェン (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 アングライフェンは坂路単走で馬場の内めから力強く脚を伸ばして4F53秒6~1F12秒2。安田隆師は「いいラップでスッと上がっていい感じ。先週もしっかりとやって、いい状態で出走できそう」と満足げだった。昨年アルデバランS(1着)以来となるM・デムーロとのコンビ。「ミルコはいいイメージで乗ってくれると思います。8歳で重賞を勝てれば名誉なことですね」と初タイトル奪取に意欲を燃やす。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月23日のニュース