【東海S】スマハマ、粘り1馬身先着 高橋亮師「動きは良かった」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

坂路を併せ馬で駆け上がるスマハマ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 展開の鍵を握るスマハマは坂路併せ馬でしぶとく粘り、メイショウクライム(4歳1勝クラス)に1馬身先着した。高橋亮師は「気を抜かせないように、しまいまでしっかりと。動きは良かった」と好感触。2走前のみやこS(9着)で先行争いを演じたインティとの再戦となり「枠が出てからレースの組み立ては考えるが、自分のリズムで運びたいね」と話した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月23日のニュース