【AJC杯】グローブシアター、歓喜の再現狙う 陣営「少しずつ良くはなっている」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

 昨年のこのレースを1年1カ月ぶりのシャケトラで制した角居厩舎は、11カ月ぶりのグローブシアターで“再現”を狙う。最終追いはCWコース3頭併せで、ワイドファラオ(4歳オープン)に1馬身遅れ。決して悪い動きではなかったが、小滝助手は控えめのトーン。「少しずつ良くはなっているし、この馬なりに調子はいいですよ。ただ、久々の分がどうか。さすがに強気にはなれません」と話した。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年1月23日のニュース