【AJC杯】クロスケ、雨降ればプラス 昨年1月以来の芝挑戦

[ 2020年1月23日 05:30 ]

追い切りを行うクロスケ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東海Sにも登録があったクロスケはAJC杯への参戦が正式に決まった。「輸送の負担も少ないし、中山で使います」と水野師。昨年1月のニューイヤーS(13着)以来の芝挑戦となる。最終追いはWコースで5F66秒4~1F12秒6。指揮官は「状態は変わらず。前走は最初のコーナーでラチにぶつかるような不利があったし参考外でいい。雨が降ればこの馬にとってはプラス」と語った。

続きを表示

「マーチS」特集記事

「2020 大阪杯」特集記事

2020年1月23日のニュース