【若駒S】武×ラインベックに注目 2馬身半遅れで鞍上も表情渋く

[ 2020年1月23日 05:30 ]

 3歳オープンの出世レース、若駒S(日曜京都10R)は少数精鋭の6頭立てとなる見込み。ホープフルS4着のラインベック(牡=友道)はCWコース併せ馬でアンコールプリュ(5歳オープン)に2馬身半遅れた。父ディープインパクト、母アパパネの3冠馬同士の配合に武豊との初コンビで注目度抜群だが、最終追いの動きはひと息。武豊は渋い表情で「乗り味はディープっぽいけど調教はあまり動かないのかな。ノメって走っていた。(天気予報から)道悪も心配」と話した。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月23日のニュース