【朝日杯FS】パドックのツボ

[ 2019年12月15日 05:30 ]

 サリオスは大柄で腹袋が大きく、コロンと見せる体形。過去2戦とも大きな完歩でリズミカルに周回していた。初の関西輸送でも同じ気配を保てるかがポイントになる。タイセイビジョンは胴長で細身のシルエット。ここ2戦と同様に、ジワリと気合が乗ってキビキビと歩けていれば期待できる。レッドベルジュールは休み明けで28キロ増の前走でも太くは映らなかったが、少し引き締まればベスト。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月15日のニュース