【ターコイズS】戦い終えて

[ 2019年12月15日 05:30 ]

 ▼3着シゲルピンクダイヤ(和田)ゲートを上手に出たのでもう一段前で運びたかった。マイルの方が流れに乗りやすくはあった。

 ▼4着フィリアプーラ(丸山)枠が外だったので切り替えて後ろから。直線がスムーズならもっと際どかった。

 ▼5着メイショウグロッケ(蛯名)速いペースを追いかけてよく踏ん張った。休んでからは内容が良い。

 ▼6着デンコウアンジュ(柴田善)体調が良いのか自分の力を出してくれた。自分から動ける馬じゃないので、あとは展開がハマるかどうか。

 ▼7着リバティハイツ(藤岡佑)理想的な形だったけど残り1Fで苦しくなった。距離は短い方がいいかもしれない。

 ▼8着ウインシャトレーヌ(松岡)ポジションを取りたかったが取れなかった。ペースが速くて最後はダラッとした。

 ▼9着フロンテアクイーン(津村)途中までいい感じだったけど、最後は手応えがなくなった。

 ▼10着ダノングレース(三浦)道中のリズムは良かったけど、馬場が硬いのを気にしたのか4角から突っ張るような形になった。

 ▼11着ディメンシオン(マーフィー)外枠から外を回る形になったのが全て。内枠が欲しかった。

 ▼12着ハーレムライン(大野)以前ほど馬が走りたがっていない感じ。勝負どころで突っ張っていた。

 ▼15着モアナ(石橋)前に馬を置こうという作戦だった。4角も内を回れたけど直線でスイッチが入らなかった。

 ▼16着トロワゼトワル(安田隆師)ジョッキー(横山典)とも話したが暖かい時季の方がいいかもしれない。展開、ハンデ、枠と条件も厳しかった。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月15日のニュース