【朝日杯FS】タイセイビジョン2着、武豊20回目の挑戦も初Vならず、5度目の2着

[ 2019年12月15日 16:02 ]

<阪神11R・朝日杯FS>一番人気のサリオスは残り半ハロンで一気に抜け出す(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 2歳馬チャンピオン決定戦・第71回朝日杯フューチュリティステークス(G1、芝1600メートル)は15日、阪神競馬場で行われ、ムーア騎乗のサリオス(牡2=堀厩舎)が優勝。無敗馬の優勝は3年連続となった。武豊騎乗のタイセイビジョン(牡2=西村厩舎)は2着だった。

 最終コーナー、スタートから好位につけた1番人気サリオスが一気に抜け出す。タイセイビジョンを末脚を伸ばし懸命に追ったが、538キロの巨漢馬をとらえることはできなかった。

 武豊は前身の朝日杯3歳Sの時代から20回目の挑戦。1994年のスキーキャプテンなど5度目の2着となった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月15日のニュース