【万哲の乱 特別編】15日中山11R ベステンダンクに順調の強み

[ 2019年12月15日 08:00 ]

 中山11R・ディセンバーSは悩ましいレースになった。というのも、長期休養明けの馬も多数いるからだ。1年以上の休養明けがサンリヴァル、シャイニープリンス、セダブリランテス、マイネルフロスト。年初の1月中山金杯(11着)以来のマイネルハニーもほぼ1年近くの休養。いずれもいきなり走っても不思議がない実力馬だが、正直走ってみないと分からないのも事実で…。

 ここは◎ベステンダンクの順調の強みに懸ける。前走チャレンジC(11着)はG3では最上級のメンバーが集まって厳しかったが、今回は戦いやすい顔触れになった。他馬の出方次第では「単騎逃げ」も可能なメンバー構成。行き切れれば、順調の強みも生きる。

 《もうひと押し》中京11R・浜松Sは関東馬の◎ナランフレグ。左回りの1200メートルといえば、夏の新潟の飯豊特別(1着)が印象的。前走から2キロ減のハンデ54キロで好条件が整った。ここは行く馬も集結して乱ペース必至?自慢の末脚が届く。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月15日のニュース