【朝日杯FS】サリオス 規格外の強さでG1初制覇 吉田代表「クラシックに行くしかない」

[ 2019年12月15日 17:43 ]

<阪神11R・朝日杯FS>一番人気のサリオスは残り半ハロンで一気に抜け出す(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 これは規格外の強さだ。単勝2・0倍の1番人気に支持されたサリオスが、無傷の3連勝でG1初制覇。勝ち時計の1分33秒0がレースレコードなら、馬体重の538キロは2歳G1における最高体重優勝記録だ。ムーアはパートナーを絶賛した。

 「思い通りのレースができたし、最後の反応も凄く良かった。ただ、コーナーで幼さを見せたし、まだまだ速く走れますよ。最後はよく伸びて、他の馬を引き離したイメージですね」

 五分のスタートから促して好位へ。ハイペースでも余裕たっぷりの追走。直線に向くと堂々と先頭に立つ。残り300メートル付近ではタイセイビジョンに1馬身近くまで詰め寄られたが、そこから再加速。終わってみれば2馬身半差の圧勝だった。堀師は「先頭に立つと後ろに馬を待つというか、ジョッキーの指示を待っているように見えたが、求めると伸びてくれた。もう少し自分から行ってくれれば…と思いました」と苦笑いだが、その分伸び代があると考えれば末恐ろしい。

 気になる来年のローテについて、トレーナーは「状態を見極めてから、オーナーサイドと相談したい」と言葉を濁したが、ノーザンファームの吉田勝己代表は「クラシックに行くしかないでしょう」と明言。クラシックの主役の座は揺るぎそうにない。

続きを表示

この記事のフォト

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月15日のニュース