【朝日杯FS馬券顛末記】オサム 本命馬ペールエールのまさかのシンガリ負けに絶句

[ 2019年12月15日 17:38 ]

 柳の下にドジョウは…2匹いなかった。どころか、本命馬ペールエールのまさかのシンガリ(最下位16着)負けに絶句するしかなかった。

 先週の阪神ジュベナイルFは本命に推したレシステンシアが完勝。快哉を叫んだ。ならば高速馬場を利した2週連続での逃げ切りもあり。ダイワメジャー産駒の牡牝連勝もあり、と考えたのだ。
 単純だった。安易だった。先週は儲け損なったのに、こんな時に限って大敗したりする。

 レースはスタートから暗雲が立ちこめた。ビアンフェがハナを奪う展開は予定通りだが、2番手を取りに行けない。動けない。ずるずるとポジションを下げ、最後は馬群に飲み込まれ、その姿すら見失うほどだった。

 手綱を取ったO・マーフィーはレース後、ひたすら頭を下げた。
 「ポジションは悪くなかったが2コーナーに入ることろで止まる感じに。こんな結果になって残念だ」

 勝ったのは断然人気のサリオス。538キロの巨体は居並ぶ敵を容赦なく踏みつぶす重戦車のごとし。穴記者のプライドもぺしゃんこに潰された。

 ああ、有馬記念での巻き返しはあるのだろうか。大波乱の予感だけは感じているのだが。まさかアーモンドアイにあっさり勝たれてしまうのだろうか? (12月15日、大阪本社・オサム@阪神競馬場) 

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月15日のニュース