【ディンセンバーS】1番人気セダブリランテス、1年3カ月のブランクを克服してV

[ 2019年12月15日 16:03 ]

 中山11R・ディセンバーS(芝1800メートル)は2番手で運んだ1番人気セダブリランテス(牡5=手塚)が危なげなく抜け出して快勝。昨年9月新潟記念(7着)以来の約1年3カ月のブランクを克服し、重賞2勝の底力の違いを見せつけた。

 騎乗した石川は「まずは復帰初戦を無事に結果を出せて良かったです。レースに関しては好位にもつけられるし、何の注文もつかない馬。関係者の方々に関係したいです」と感無量。手塚師は「今まで戦ってきた相手が違うということでしょうか。ひざに難を抱えている馬なので、1度放牧に出してチェックすることになると思う。この後も無事にいければ…。来年を楽しみにしています」と話した。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月15日のニュース