【チャンピオンズC】初中京で初砂王必ず!マーフィー G1連勝へ「燃えている」

[ 2019年11月28日 05:30 ]

<チャンピオンズC>G1連勝を狙うマーフィー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 「インタビュールーム ウマい話あり」はステイヤーズSのアルバート、チャンピオンズCではタイムフライヤーに騎乗するマーフィーを直撃した。

 ――先週のジャパンC(スワーヴリチャード)の勝利を振り返って。

 「調教で馬の状態がいいことも分かっていたので、レース前から興奮していました。距離ロスなく乗る作戦通りにいきました」

 ――JRA・G1は初制覇だった。

 「G1を勝つことは大変で、ジャパンCもハイレベルなレース。凄くうれしかった。もっと頑張ります」

 ――次走は有馬記念に決まった。

 「リチャードは素晴らしい馬。ジャパンCと同じメンバーともまた戦うことになると思うが、今度も距離ロスなく乗りたい」

 ――今週も有力馬に騎乗する。まずは土曜中山・スポニチ賞ステイヤーズSのアルバート。

 「調教で乗ってみて、故障(昨年12月から右前脚の不安で休養。京都大賞典で復帰)の影響は感じさせない動きだった。一生懸命走ってくれる馬だと感じました」

 ――15~17年に同レースを3連覇した古豪。出走機会4連勝が懸かる。

 「8歳という年齢は気になりますが、大丈夫だと思っています」

 ――日曜中京・チャンピオンズCではタイムフライヤーと初コンビ。

 「中京で騎乗するのは初めて。レース映像はチェックしています。ダートの直線が長く、どの馬にもチャンスがある印象です」

 ――2週連続G1勝利へ。

 「ダートのG1はヨーロッパにはないので勝ちたいですね。今年のドバイワールドC(グロンコウスキー)では鼻差で2着に負けていますから。燃えています」

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2019年11月28日のニュース