【チャンピオンズC】ウィザード 軽快1馬身先着「ベストの状態」

[ 2019年11月28日 05:30 ]

<チャンピオンズC>ムーンザムーン(奥)と併せて追い切るチュウワウィザード(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 前走・JBCクラシックでG1初制覇を果たしたチュウワウィザードは坂路で4F54秒7。ムーンザムーン(5歳1勝クラス)を1馬身追走し、ラスト軽く促す程度で楽に1馬身先着した。大久保師は「先々週、先週と福永君が乗って、十分に仕上がっていますからね。ベストの状態で走れると思います」と太鼓判。「うちの馬は、どんな競馬でもできます。枠が出てから、極端に言えばゲートを出てからでも対応できる馬。勝ちに近いところにいると思っています」と前向きなセリフを並べた。 チャンピオンズC

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2019年11月28日のニュース