【チャンピオンズC】リーデル 切れ切れ12秒3「6歳馬でも若々しい」

[ 2019年11月28日 05:30 ]

<チャンピオンズC>坂路で追い切るワンダーリーデル(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ワンダーリーデルは坂路で単走追い。4F52秒5~1F12秒3と好時計をマークした。安田翔師は「経験が豊富なので自分で気持ちのコントロールをしてくれる。6歳馬ですけど、若々しいです」と評価。前走の武蔵野Sは中団から差し切り、重賞初制覇。「大事に使われてきたのが良かった。短距離にも対応していたように自在性のある馬。距離が延びるのでロスのない競馬ができれば」と意気込んだ。 チャンピオンズC

続きを表示

「2021 桜花賞」特集記事

「ニュージーランドT」特集記事

2019年11月28日のニュース