【宝塚記念】スティッフェリオ軽快、丸山「余裕あった」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

<宝塚記念・追い切り>クリソベリル(手前)と併せて追い切るスティッフェリオ(撮影・平嶋 理子)   
Photo By スポニチ

 スティッフェリオは美浦から駆けつけた丸山を背に坂路へ。しまいだけ気合をつけられ、軽快な足取りで駆け上がった。ラストは12秒4。丸山は「攻め馬はあまり乗ったことがなかったが、手応えに余裕があった」と上々の感触。レースのイメージについては「前々になるのかな。キセキより前に行ってもいいし、ヨーイドンよりは長くいい脚を生かしたい」と話した。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月20日のニュース