【ジューンS】ミスターX 能力断然上位のソルタス期待

[ 2019年6月15日 05:30 ]

 東京11R・ジューンSはサトノソルタスを指名する。前走の青葉賞は出足がつかず後方から。外々を回らされる展開で向正面でポジションを押し上げる強引なレースとなった。直線では伸びを欠いたが、勝ち馬ゴーフォザサミットから0秒6差の6着。のちに菊花賞で2着と好走するエタリオウ(2着)とは0秒3差で、3勝クラスなら能力は断然上位だ。

 およそ1年1カ月ぶりの実戦となるが、調教では抜群の動きを見せており、力は出せる状態。休み明けだからこそオッズに妙味もある。不良馬場だったデビュー戦でも勝利しており、大雨予報は気にならない。陣営も「能力は高い」と期待する素質馬がまずは復帰戦を飾る。(4)から(1)(5)(7)(8)(10)。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年6月15日のニュース