【HTB杯】3歳牝馬レコードチェイサー逃げ切って2連勝!富田「最後は力で押し切ってくれた」

[ 2019年6月15日 16:10 ]

ゴール前の直線でオフクヒメと競りあって勝ったレコードチェイサー
Photo By スポニチ

 五分のスタートから二の脚で先手を奪ったレコードチェイサー(牝3=伊藤圭、父ディープブリランテ)が前半3Fを33秒6で通過。後続にも脚を使わせる絶妙なラップを刻み、自身は定量52キロをフルに生かして首差で逃げ切った。

 デビュー3年目で初の函館参戦となった富田は「内枠で52キロと全てがうまくいって最後は力で押し切ってくれました」と初日メイン勝利に笑みを浮かべる。これで前走・平場500万に続いて2連勝。古馬と初対戦で2勝クラスをクリアした。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年6月15日のニュース