【日本ダービー】傾向と対策

[ 2019年5月25日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆重賞実績 連対20頭が4大場(東京、中山、京都、阪神)の1800メートル以上の重賞を勝っていた。

 ☆距離実績 3着内25頭が出走10頭以上の2000メートル以上で勝っていた。

 ☆キャリア 3着内26頭が4~6戦のキャリアで、特にキャリア5戦の馬が9連対。

 ☆騎手 優勝10頭が前走と同じ騎手だった。

 ☆前走着順 3着内26頭が皐月賞なら7着以内、それ以外は連対していた。

 結論 ◎レッドジェニアル ○サートゥルナーリア ▲ダノンキングリー

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年5月25日のニュース