【葵S】ディアンドルが5連勝で3歳スプリント王 藤岡佑「抜かさせないという気持ちを見せてくれた」

[ 2019年5月25日 16:10 ]

<京都11R・葵S>直線で末脚を伸ばし、重賞初制覇したディアンドル(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 3歳限定としては唯一の芝スプリント重賞となる「第2回葵S」は、1番人気のディアンドル(牝3=奥村豊、父ルーラーシップ)が好位から押し切り、重賞初制覇を果たした。2着は13番人気のアスターペガサス、3着は2番人気のアウィルアウェイだった。

 横綱相撲だった。ディアンドルは好発から好位を確保すると、前3頭から2馬身ほど離れた位置で脚をためる。前半3F34秒0のゆったりした流れだから、絶好のポジションだ。直線で前に進路を見つけるとスパート。残り150メートルで先頭に立つと、外から伸びたアスターペガサスを頭差しのいで、5連勝での重賞初制覇を果たした。これが初騎乗だった藤岡佑は安どの笑みを浮かべる。

 「いいタイミングで乗せてもらえましたね。前走で乗ったルメールから『馬を気にする』と聞いていましたが、ここ2走で控える競馬をしていたことが、いい方に出ましたね。スムーズな競馬ができたし、残り200メートルで並んで来られた時も、馬が“抜かさせない”という気持ちを見せてくれました」

 一貫して1200メートルを使われ、2戦目の未勝利から快進撃。桜花賞にも出走可能だったが、あえてスプリント戦にこだわった。これが初めての重賞制覇だった奥村豊師は、落ち着いた表情で勝利をかみしめた。

 「皆さんと相談しながら、現状は1200メートルで結果が出ているし、(他の距離を使って)リズムを崩さないようにと。早くからここを目標にしていましたし、きっちり結果が出せて良かったです」

 次走は未定だが、古馬との戦いが待ち受けている。ルーラーシップ産駒としては異色の快足牝馬が、芝スプリント戦線を大いに盛り上げてくれそうだ。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2019年5月25日のニュース