【鳳雛S】マドラスチェック、牡馬を圧倒!大野「期待通り走ってくれた」

[ 2019年5月19日 15:26 ]

 京都10R・鳳雛S(ダート1800メートル)。次世代の砂王を目指す3歳ダートのオープン戦を制したのは牝馬のマドラスチェック(美浦・斎藤誠厩舎)だ。飛ばすメイショウアステカの2番手に付け、最後は外迫る同じ関東馬のリワードアンヴァルの追撃をクビ差振り切り3勝目。3着以下は8馬身ちぎれる一騎打ちだった。

 手綱を取った大野は「スタートも良かったしリズム良く走れた。並んでしぶとかったし、期待通りしっかり走ってくれましたね」と納得の表情。2月には芝の重賞・クイーンCで6着に健闘している同馬だが、「現時点ではダートの方が良さそう」と展望していた。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2019年5月19日のニュース