【馬券道コバヤシ 特別編】19日東京11R 馬群の中からシゲルピンクダイヤ根性差し

[ 2019年5月19日 08:00 ]

 シゲルピンクダイヤにオッと思ったのは未勝利戦を勝った時。馬群の中をスパッと割ってきた。なかなかの勝負根性やないか。前々走のチューリップ賞は久々で馬なり主体の仕上げだったが▲を打った。桜花賞が上がり最速32秒7をマークして2着。出負けがあってスローと展開は厳しかった。それでも内めを縫って良く押し上げてきた。16番枠なのに直線は馬群に入れて押し上げたのは、ストロングポイントである勝負根性を存分に引き出すためのタクティクスだったか。もうホンモノだ。

 今回は馬群の中で運べる11番枠。これはいいと思う。直線はしぶとい根性差し。追わせる和田にもピッタリ。きっちりと馬券圏内に押し上げてもらおう。

 馬券は単勝と馬連で相手は○クロノジェネシス、▲ウィクトーリア、☆ラヴズオンリーユー、以下△コントラチェック、シャドウディーヴァ、フェアリーポルカ、ビーチサンバへ流す。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年5月19日のニュース